グループホームにおける介護職の仕事

認知症や日常生活ができず介護が必要な高齢者に対して、食事介助、入浴介助、排せつ介助、移乗介助等を行いながら、日常生活を支援します。

やりがいというのは、高齢化社会になっており、社会から必要とされており、今後も必要な人材であることです。

楽しいと思えることはないです。

認知症の高齢者と関わることで、人生観が変わると思います。暴力や暴言、徘徊やろう便を、拒否や被害妄想、物とられ妄想がある利用者と接するときは具合が悪くなることが多々あります。慣れてくるとその人の特徴が分かってくるようになります。

感染症などの病気をもらったり、利用者の暴力がありますので、怪我には注意しないといけません。また利用者の移乗やオムツ交換の際は、腰を痛めやすくなるので注意しないといけません。

一番重要なのは、職員との関係です。職員とうまくコミュニケーションを取れないとその職場にいれなくなり、退職することになります。中年女性が中心の世界であるため、大変だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA